FXの初心者が陥る大きいな勘違い 解らないことが解るということ

はじめに

どうも! dice-kです。

いよいよ年の瀬ですね。
僕は常日頃から、人々が慌ただしく動き回る時期だからこそ、
落ち着いて行動することを心がけています。

この心構えは、FX相場で勝つための秘訣でもあるでしょう。

さて本題。
前回の記事でお伝えした、負けトレードを評価するという考え方。
あなたはどう感じましたか?

負けトレードは無いに越したことはないですが、それでも出てしまうのがトレードです。
今回の記事はそんなFXトレードにおいて、解らないということは悪ではないというテーマで、
FX初心者が陥ってしまう罠についてお伝えします。

勝率100%を常に意識する

前回の記事で書いた、

「結果的にロスカットになったけれど、エントリーするべき自分のポイント」は、
確立することができているでしょうか。
それがまだできていないというあなたは、ゆっくりと自分に合った手法を探してみてください。

そして、「エントリーするべき自分のポイント」が明確になっているあなたは、
それに基づいて過去チャートを検証して、

  1. その手法に優位性がある事
  2. どうしても避けることができないロスカットが発生してしまうこと

を、違和感を感じなくなるまで繰り返し自分の中に落とし込んでいってください。
今までの自分の習慣を劇的に変えるというこの作業が、どんな事においても一番の壁であることは間違いありません。

勝率100%といのものは理想です。

ただし理想は理想であって、実際に数多くトレードを執行すればするほど、どうしても避けられない負けトレードが発生します。
それを体験し、理解した上で、常に勝率100%を目指すトレードを行ってください。

「このポイントは絶対に利益になる!」

逆に言えば、

「このポイントが負けトレードになっても仕方がない」

この意識を持ち、100%だと思えるポイントだけを狙う。
ぜひこの一点にフォーカスして、検証作業やリアルトレードに臨んでみてください。

解らないことが解るといこと

前述した勝率100%を目指すトレードは、自分のポイントだけをしっかりと狙うトレードです。
つまりそのポイント以外は、どんな値動きでも自分が狙うべき相場ではないことを意味します。

たとえ50pips.100pipsといった大きな値動きがあったとしても、解らないものは解りません。
100pipsの上昇が獲れるトレーダーは、100pipsの上昇を狙っているトレーダーです。

「この上昇を獲るためにはどうすればいいんだろうか」
という考えは非常に危険ですし、そこにその上昇が起きることが理解できて初めて、その上昇を狙うことができるようになるんですね。

あなたは相場の中の、どんなポイントを狙っていますか?

解らないことは、決して悪ではありません。
解るところだけ、やればいいんです。
あなたができるエントリーだけを、ただひたすらに繰り返せばいいんです。

「解らないことが解る」

無秩序な相場に挑む上で、この考え方はとても大きな優位性になります。
解らないことは悪ではなく正義です。
この感覚を心の底から理解し、あなたの中に刻み込んでください。

おわりに

僕も以前は値動き全てを理解できないことに悩み、相場の全ての動きを獲るためにはどうすればいいのか、必死に考えていました。

でも理解出来ませんでした。 解らないものは今でも解らないままです。

世界中のトレーダーが戦っている戦場で、僕のような個人トレーダーの理解が及ぶポイントなんて限られています。
だからこそ、そのポイントだけをしっかりと狙うことができるのではないでしょうか。

大きく動いているところがあれば、それを獲りたくなってしまうのが人間です。
しかしその人間の欲のままにトレードしていては、安定的に利益を残すことは不可能だと僕は思います。
今回の記事が以前の僕と同じ様に悩む、あなたの助けになることができれば嬉しいです。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。
今回の記事が今年最後の更新になると思います。 また来年もよろしくお願いいたします。

それでは、また!


使用しているFX口座
あなたが狙うべきローソク足は? 「dice-kFX ローソク足プライスアクショントレード参考書」 ご購入はこちらから。 【dice-kFX ローソク足プライスアクショントレード参考書】
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です