FXにおける意味のある検証法とは 先の見えないものを見るために

はじめに

どうも! dice-kです。

あなたは、FXの検証方法が分からない!ということはありませんか?
一貫性を持った検証ができなければ、あなたなりのトレード手法を確立することも出来ませんから、FXで勝つことは不可能です。

今回の記事はFXにおける検証法というテーマで、
劇的にFXトレードの経験値を稼ぐ検証法をお伝えします。

FXトレードの手法は無数にある

「FX 手法」 とインターネット上で検索すれば、本当にたくさんの情報を得ることができます。

移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドやRSI、一目均衡表

僕も以前は数々の手法を検索して必勝法を探しましたが、
今思えばどれも中途半端な検証しか出来ていなかったと感じています。
拾って得た情報を、自分自身のものにするという意識が決定的に欠けていたんですね。

FXトレードで安定的に利益をあげ続けるためには、優位性のあるトレード手法が必要不可欠です。
それを確立するためには、自分自身が「そのトレード手法への経験値」を上げていくしかありません。

この「経験値を稼ぐ」ことこそが、FXにおける検証作業の本質であると、僕は考えています。

先が見えないことを意識する

そもそも、FXトレードをリアルタイムで行う場合、
当然ですが「チャートの右側」これから形成されていく未来ということになります。
つまり、チャートの右側が見えていない状態でトレードを行うわけですから、
チャートの右側が見えている状態でのFXにおける検証作業であったとしても、先の見えていない状態を意識して行う必要があるということです。

「出来上がったチャートで、見えている上昇を獲る方法」

を探しても、何も意味がないんです。チャートの右側が見えていても、見えていなくても、

「その瞬間に同じチャート状況であれば同じようにトレードの判断をする」

ことが大切なんです。その結果ロスカットになったエントリーが発生したとしても、それを踏まえて検証を繰り返してみてください。

同じ判断を何百回何千回と繰り返して、
そのトータルの収支がどうなっているのか、それを検証してみてください。

例えば、「4時間足が上昇トレンドの中で、15分足でこのチャートパターンが出た」といった状況を、いくつもいくつも探してみましょう。
その瞬間に同じ判断を繰り返して、結果的にどうなったのかを検証することで、
その手法における経験値を劇的に稼いでいくことができます。

それは、実際にリアルタイムでチャートを見ている時と同じ感覚で過去チャートを見ていることになるからです。

このリアルタイムと同じ感覚で行われた検証こそが、あなた自身の血肉となり財産となっていくはずです。

おわりに

今回お伝えした、あなた自身の血肉となり財産となる、リアルな経験値を稼ぐための検証作業によって良い結果を得ることができ、その手法に自信を持つことができれば、今後はそれを実践のリアルトレードで使うためのトレーニングが必要であることに気がつくはずです。
実際に動いているチャートを見ながら、検証によって実証されたポイントで仮想のエントリーを繰り返し、
リアルなエントリータイミングを体に覚え込ませていきましょう。

頭だけでなく、体が覚えるまでひたすら同じエントリーを繰り返してみてください。

検証によって得られた自信の上に、リアルタイムで磨かれたエントリーを繰り返すことで、

あなただけのトレード手法

を確立することができるはずです。
それができれば、後はひたすらに同じエントリーを執行していくだけでトータルの利益を残すことができるでしょう。

今回の記事で、悩んでいるあなたの検証方法が改善され、リアルな経験値を稼ぐための検証作業を行うためのお手伝いができれば嬉しいです。

次回の記事は、値動きのすべてを把握することはできない 解らないことの大切さ というテーマで、
経験値を稼ぐためのチャート検証を行っていく上で、僕がぶつかった悩みについて書いていきます。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。 それでは、また!


「ローソク足プライスアクショントレード」の基本を学ぶ。 【金を稼ぐ】ための知識と経験を凝縮させたマニュアル。 「【M/d PRIDE】 ローソク足プライスアクショントレードマニュアル」 ご購入はこちらから。
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です