ダウ理論はFXの基本 初心者でも迷わないトレンドの定義

はじめに

どうも! dice-kです。
昨日はトレーダー仲間と勉強会をしてきました。

意識の高いプロトレーダーとの会話は、とても刺激になりますね。

さて本題。

あなたはFXトレードをする上で、何かしらの「判断基準」を持っていますでしょうか?
今回の記事は、相場に挑む人間ならば1度は耳にしたことがあるであろう

ダウ理論

について、僕なりのテクニカル分析をお伝えしていきます。

ダウ理論の概要 6つの基本原則

ダウ理論とはチャールズ・ダウ氏が提唱した、「市場の値動きを評価するテクニカル分析」の理論であり、
以下の6つの基本原則で構成されています。

  1. 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 価格は相互に確認される必要がある
  5. レンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

この中で僕が重要であると考えているのが、

6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

です。この、明確な転換シグナルとは一体何なのか。
実際のチャートを見てみましょう。

「連続する高値.安値の各々が、それぞれ高値を更新し安値を切り上げている限り、それはアップトレンドである。ダウントレンドはその逆。」
というダウ理論の定義に基づいてチャートを分析すれば、

 

Aの高値をBの安値からの買いによって更新され、高値Cをつけました。

この高値Cの起点となった安値Bを下抜けるまでは、アップトレンドであるということになります。 つまり、Dの安値を下抜けたとしても、アップトレンドは継続しているといことです。

そして、Eからの買いで高値Cを更新しています。

この安値Eを下抜けた時に、明確な転換シグナルが発生することになります。

この明確な転換シグナルの定義こそが、僕のテクニカル分析の基礎となっているものです。

初めのうちは、なかなか判断が難しいところだと思いますが、丁寧にチャートを分析してみてくださいね。

波の規模

上のチャートには、ZigZagというインジケーターを使って波形を描いていますが、
この波形の規模こそが、トレードにおける一貫性を失ってしまう最大の要因です。

こちらの画像は、前文で説明したチャートにZigZagの数値を変更して波形を描いたものです。
2枚目の画像では、波形が大きく描かれていています。

どうでしょうか? どの規模で波を描いたらいいのか迷いませんか?
この波形の規模は、ZigZagの数値設定や個人の主観によっていくらでもブレてしまいます。

こんなことでは、無秩序な相場に対して一貫性を持った判断ができるはずがありません。

でも大丈夫です。
これから、誰が見ても同じ様に判断ができるテクニカル分析をお伝えしますので安心してくださいね。

最強のインジケーター ローソク足

こちらの画像は、前述の2枚のチャートに背景として上位時間足のローソク足を表示させたものになります。
ここで第一に覚えていただきたいことが、ローソク足の高値.安値は誰が見ても同じであるということです。
この誰が見ても同じ基準を使い、ダウ理論の定義に当てはめてみましょう。

「連続するローソク足の高値.安値の各々が、それぞれ前回ローソク足の高値を更新し安値を切り上げている限り、それはアップトレンドである。ダウントレンドはその逆」

どうでしょうか。 誰が見ても同じ判断ができると思いませんか?

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する
についても同様に、「最後に高値を更新したローソク足の安値を下抜けるまでは、転換にはならない」ということになります。

曖昧な波形を描くよりも、圧倒的な一貫性を持たせることができますよね。
僕はこのローソク足でみるダウ理論こそが、最強のインジケーターだと考えています。

「上位時間足のローソク足を表示するインジケーター」は、「HT_Higher_Candle」で検索してみてくださいね。

おわりに

巷ではいろいろな情報が交錯しているFXの理論ですが、個人の主観に左右されてしまうことが多く、トレードに迷いが生じてしまいます。
これから何千回、何万回とトレードしていくわけですから、その度に迷っていては絶対に利益を残すことは不可能です。
今回ご紹介した「ローソク足ダウ」を使い、あなた自身が一貫性を持ったトレードを繰り返して欲しいと思っています。

次回の記事は、この「ローソク足」をもう一段踏み込んで解説していきますので、楽しみにしていてください。

それでは、また!


「ローソク足プライスアクショントレード」の基本を学ぶ。 【金を稼ぐ】ための知識と経験を凝縮させたマニュアル。
「【M/d PRIDE】 ローソク足プライスアクショントレードマニュアル」 ご購入はこちらから。
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です