子どもに風邪をひかせないために この冬徹底したい風邪予防のポイント

はじめに

どうも! dice-kです。

近ごろ寒さが厳しくなってきましたね。 そうすると子どもが毎年必ず風邪を引いてしまう…なんて方も多いのではないでしょうか?

今回の記事は、

子どもに風邪をひかせないために この冬徹底したい風邪予防のポイント

と題して、毎日の生活の中でできる子どもに風邪をひかせないコツをご紹介します。

幼少期の風邪は免疫力を高めるチャンス

僕には飲食店を経営している知人がいますが、その方から以前このような話を聞きました。

幼少期に風邪を引いたとき、どんな対策をしていたかで風邪をひきやすい人になるかひきにくい人になるか変わってくる

幼ければ幼いほど子どもは病気を自力で治す、自己免疫力を発揮します。
子どもが熱を出すと慌ててしまい、はやく治してあげたいと風邪薬や解熱剤で症状を抑えてしまうと、

自己免疫力で病気に打ち勝つことができにくく、風邪を引きやすい子どもに育ってしまいます。

風邪を引きにくい元気な子どもに育てるためには、自己免疫力を高めることが重要です。
そのためには無理に薬で症状を抑えつけるのは避け、できるだけ自然の力で治してあげましょう。

風邪を引いたときこそ、子どもの免疫力を高めるチャンスです。

手洗い・うがいは基本中の基本

幼稚園や保育園に入園すると、手洗い・うがいは毎日行っているはずですので、
ぜひご家庭でも習慣化していきましょう。

手洗いは指先や指の間はもちろん、爪の隙間と手首までしっかりと洗いましょう。
キャラクターデザインの手洗い石鹸を使えば、楽しくできますよ。

うがいは、のどの粘膜についたウイルスを洗い流す効果があります。
うがい薬を使用すればその効果も高まるのでおすすめですが、薬の味や匂いが苦手なお子さんは、水だけでも十分な効果があると思います。

まずは口をすすぎ、口の中をきれいにしましょう。
次に上を向いてうがいをしましょう。 まだできないお子さんは口をすすぐだけでもOK。
うがいの時も、コップをキャラクターの物にすれば、楽しんで行ってくれるはずです。

温度や湿度などの室内環境を整える

外が寒いと室内で過ごす時間も増えてきます。 室内を温かく保つことも大切ですが、湿度にも注意してみましょう。
冬場の室温は20度から23度、湿度は40%から60%が最適と言われています。

エアコンやファンヒーターで室温を上げる際、どうしても乾燥が気になります。
加湿器があれば手軽に湿度を保つことができますが、我が家では洗濯物を室内に干すことで室内の湿度を上げるようにしています。
普段は浴室の暖房乾燥機で洗濯物を乾かしていますが、冬場はリビングに干して湿度を保っています。

また、密閉し続けた室内には汚れた空気もこもりがちです。
子どもが家を出た後には定期的に換気をすることをオススメします。

重ね着させるより上着で調整

大人の感覚でたくさん重ね着させてしまうことがあると思いますが、子どもは大人に比べて体温が高めです。
そしてよく動きまわるので、汗もかきやすくなっています。

汗をかいた服のままでいると、体が冷えてしまい風邪をひく原因になりますので、
厚目の上着を脱ぎ着することで体温調節をしてみてください。

こまめに水分補給をして喉の乾燥を防ぐ

乾燥すると咳が出やすくなります。乾いた咳は喉を痛めやすいので、こまめな水分補給を心がけてください。
我が家では、冬場でも常温か少し暖かい麦茶を持ち歩くようにしています。

喉に良いといわれる緑茶は、カフェインが入っていますので子どもにはオススメしません。

適度に喉を潤し付着した雑菌を洗い流すためにも、こまめな水分補給を行ってください。

病院に行く前に病状をチェック

それでも熱が出てしまったら、慌てずにお子さんの状態を確認してください。
熱が出たら病院に行くことが当たり前になっているかもしれませんが、逆に病院に行ったために菌をもらってしまう可能性があります。

ですので、早急に病院に行かなくてはいけない症状なのかどうかを見分ける簡単な方法をお伝えしますね。

熱が出ているが意識がハッキリしていて普段通りに遊んでいる

こういった場合は、急いで夜間診療などに連れて行かず、一晩安静にさせてあげましょう。

夜間診療や休日診療は、本当に救急を要するお子さんがたくさんいますし、病原菌も多く
そこに行ったために違う病気をもらってしまうことも考えられます。

翌日にかかりつけのお医者さんに診ていただくようにしましょう。

熱が出ているのに顔や体が青ざめている

この場合は、子供どもが自分で体温を調節できていない可能性があります。
体力が非常に弱っている状態だと考えられるので、なるべく早くお医者さんに診てもらってください。

おわりに

いかがでしたか?

いくつかの予防法をご紹介させていただきましたが、これは親御さんであるあなた自身の風邪予防法としてもとても有効です。
子育て中は子どものことばかり気になり、ご自分への対策を忘れがちです。

あなたが風邪をひいてしまっては、誰がお子さんへ気を配ってあげられますか?
子どもの健康を守るためにはまず、パパママ自身が健康でなくてはなりません。

親子で楽しみながら、風邪に負けない元気な毎日を過ごして行きましょう。

次回の記事は、僕の大きな収入源になっている「FX」のリスクマネジメントについて書いていきます。

ご期待ください。 それでは、また!


使用しているFX口座
あなたが狙うべきローソク足は? 「dice-kFX ローソク足プライスアクショントレード参考書」 ご購入はこちらから。 【dice-kFX ローソク足プライスアクショントレード参考書】
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です