疲れをとるためには体を動かす 自宅で出来る体幹トレーニング

はじめに

どうも! dice-kです。

日々の仕事や育児に家事…
休みの日にゆっくり休んだつもりでも、なかなか疲れがとれない…

誰しもこんな経験があると思います。

今回の記事は、そんな悩みを解決する

自宅で出来る体幹トレーニング・ストレッチ

というテーマで、僕が実際に毎日のお風呂上りや寝る前に行っている
「トレーニングとストレッチ」をご紹介していきます。

疲れをとるためには体を動かす!

少し矛盾したように感じるかもしれませんが、溜まってしまっている疲れを外に出すには、
体をほぐしてあげなければなりません。

仕事で疲れたからといって、帰宅後にお酒を飲みながらゴロゴロしていては、
その疲れは溜まる一方です。

適度に体を動かし、毎日の疲れをリセットしていきましょう。

足の指を伸ばす

日々全身の体重を支えている両足をストレッチします。

左足の指の間に右手の指を挟み込み、足の甲側と足の裏側にそれぞれ5秒ずつストレッチします。
右足も同様に足の指を伸ばしましょう。

足の指がしっかりと伸び、指の間が開いていると、体重を無理なく支えることができるようになります。
そうすれば腰や脚への負担が軽減されて、楽に立つことができるようになります。

股関節をほぐす

足を肩幅ほどに開き、つま先をやや外側に向けて立ちます。
つま先を両手で掴み、そのままゆっくりと腰を下ろしていきましょう。
両手は膝の内側にあるようにします。

股関節をほぐし、そのままつま先を掴んだ状態で立ち上がり太ももの裏側を伸ばします。
股関節とハムストリングを並行してストレッチすることができますよ。

肩甲骨のストレッチ

背中の後ろで手を組み軽く持ち上げて、そのまま胸を前に突き出していきます。

ある程度の時間その体勢をキープして、肩甲骨をストレッチしましょう。
その後で頭を上下左右にゆっくり動かして、首回りのストレッチも行います。

肩こりの解消にとても効果的ですし、首筋を伸ばすことで脳への血流が良くなり
頭がスッキリします。

自宅で出来る体幹トレーニング

体をしっかりとほぐしたら、最後に体幹を鍛えるトレーニングをしていきます。

手すりなどを片手でつかみ、左右それぞれの脚を体の外側に上下させます。
僕は10回の上下運動を左右3セットずつ行っています。
余裕があれば上下させる脚の逆の脚をつま先立ちして行うと、より強い効果があると思います。

お腹に手を当ててみると、腹筋が刺激されていることが実感出来るはずです。
ダイエット効果も期待できるトレーニングですので、毎日少しずつ続けていくことをお勧めします。

おわりに

今回ご紹介したストレッチと体幹トレーニングは、どれも自宅で簡単に出来る内容になっています。
この他にもさまざまなストレッチのやり方がありますので、
自分に合ったストレッチ法を選んで行いましょう。

ストレッチで体をほぐして疲れを外に出し、体幹トレーニングを行うことで上質な筋肉を作ることができます。
毎日の積み重ねによって、柔軟で強い体に変わっていくはずです。

また、寝起きに行えば目覚めの良い朝を迎えることができますし、寝る前に行えば上質な睡眠を得ることもできるでしょう。
疲れが効果的にとれればストレスも減り、日々の生活に余裕も生まれます。

是非、日々の中に取り入れてみて下さい。

次回の記事は、子どもが喜ぶクリスマスプレゼント 2018年ヒットおもちゃランキングと題して、
今年のヒット商品やプレゼント向きの紹介をピックアップしてご紹介します。

それでは、また!


「ローソク足プライスアクショントレード」の基本を学ぶ。 【金を稼ぐ】ための知識と経験を凝縮させたマニュアル。
「【M/d PRIDE】 ローソク足プライスアクショントレードマニュアル」 ご購入はこちらから。
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です